さくまひろこ公式ブログ
日常の微かな感触・感動を詞にして曲にして届けたい♪シンガーソングライターさくまひろこのライブ・メディア情報、日記、フォト、満載。 メッセージはコメントから気軽に書いて下さいね♪ ハンドルネームと共に、ラジオ番組で紹介させて頂くかも!
「自分でやりなさい」
入園して間もない園児たち、ママと離れられなくて泣いている、お支度も何をどうしていいかわからない、まだまだこんな日々。

私も黒板の手順を見ながら、「ランドセルをおろしたら、水筒をロッカーの上に置いて、次は何かな?」なんてちょっぴりオロオロ。

園服をたたむのも難しい悪戦苦闘、やっとの思いで次はオトイレ。蛇口にむかい黙って手を出すわが子。

「自分でやりなさい。」蛇口
と言った瞬間、はっとしたのです。。。 そっか、、蛇口をひねるって知らないんだ。。。

トイレ洗面もレバー、ファミレスやショッピングモールでは手を出せば勝手に水が出てくる。。。 なるほど。

大人目線は時に子供に残酷な物言いをしてしまいますね(笑)私が子供のころとだいぶ変わっている、時代が違うんだああ。
コメント
この記事へのコメント
その感覚よ~くわかります!
毎日感動の連続ですね!ひろこさんのその気持ちとてもよくわかります。自分は東京で東京消防庁のボランティアをやっていて、小学校の児童に「119番通報」のやり方を指導していたのですが、固定電話から119番をするとき、119とボタンを押してから受話器を取る児童が多いことにびっくり。順番が違いますよね!よく考えたら今の子はスマホが当たり前で、固定電話への着信はとった経験はあるもののダイヤル発信した経験があるこが少ない!さらにびっくりしたのは、ダイヤル式の電話機から119番できない。困った顔をしていたから「回してごらん」と声をかけたら、おもむろに電話機を持ち上げ、何をするのかと思ったら次の瞬間「電話機を回し始めました」。「こら!俺をなめんてのか?」という言葉をぐっと抑えて指導したのですが、これもよく考えたら、今この子供は電話にしても、テレビのチャンネルにしても、キーボードにしても、「押すことが基本動作」なんですね。消防職員と今後の指導方法について真剣に相談してしまいました。さらにさらに高学年の子供の中にも少なからず自宅の電話番号がいえない子供が結構います。これって火災や迷子のとき大問題ですよね!携帯文化の浸透はこんなところにも影響も出ていることを改めて認識しました。
2017/04/14(金) 11:55:46 | URL | くらげ氏 #mQop/nM.[ 編集]
Re: その感覚よ~くわかります!
> 毎日感動の連続ですね!ひろこさんのその気持ちとてもよくわかります。

番号を押してから受話器をとる、なるほど、そうかあ。。と納得してしまいました。
子供達の中の経験と常識がそれなんですね。
知らないということを知ること、何かそんなテーマで番組を作ってみたい気持になりました。
有難うございます♪
2017/04/14(金) 16:11:27 | URL | さくまひろこ #4/8BnTtg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック