さくまひろこ公式ブログ
日常の微かな感触・感動を詞にして曲にして届けたい♪シンガーソングライターさくまひろこのライブ・メディア情報、日記、フォト、満載。 メッセージはコメントから気軽に書いて下さいね♪ ハンドルネームと共に、ラジオ番組で紹介させて頂くかも!
言葉とメロディと対談!
さだまさしさんとお会いしたとき、井伏鱒二さんの詩にメロディをつけて歌っていらっしゃる「つくだ煮の小魚」のお話をして下さいました。そのあと小室等さん&谷川俊太郎さんによるニューアルバムが手元に届き、これはと。

「文学と音楽」というテーマで「ひろこの音部屋」を構成しました。皆さん聴いて下さいましたか?(^_-)

今回そのアルバムが本になった「言葉とメロディと対談!」が、小室等さん&谷川俊太郎さんから届きました。
プロテストソング

上の子の教科書には、谷川俊太郎さんの作品がよく掲載されています。宿題の読みを見てあげながら、「この方の新しい作品を贈って頂いたんだよ。凄いでしょ。」と、子供に自慢するひろこママなのでありました( *´艸`)
Smile Dog
ファンクラブの入会特典、私が大切に持っているオルゴール 

そうなんですオルゴール

まだ子育てに奮闘する前(*^-^*)ゞ、ファンクラブに入りコンサートに行かせて頂き、1ファンとして感動を頂いていました。ピュアな言葉選びと優しさがのったお声キュンとしますね♪

そんな槇原敬之さんにひろこの音部屋にご出演頂けたことは、とても幸せな機会です。
反映
今だガラケーな私は、恥ずかしながらツイッターもよくわからないのですが。。。 _(._.)_ 長年PCにて更新してきたこのブログを、ツイッター&facebookに反映はさせています。

反映

時折、誤字脱字、変換ミスを修正したとき反映先だけが直らないことが多く、元記事は直っているのに、何度反映させても変わらない(涙)。かといって、その記事に「いいね」をつけて下さっている方がいるのなら記事削除はあまりに申し訳ない、、、と悩んでしまうこともしばしば。

早くスマホを持ちたいと、さすがにしびれをきらしている今日この頃です。

先日の「日替わり定職」といい、打ちミスが多くて(それはガラケーのせいじゃないぞう)、ごめんなさい。。。 m(_ _)m
CDジャケット撮影
「消えた時間」から9年ぶりのニューアルバム 
撮影 ジャケット撮影が終わりました。

アルバム、曲たちのコンセプトが表現された写真になったと思います。レコーディングはこれから。。。 完成したらぜひ聴いて下さいね♪
「早くスマホになりたい」
ガラケ 俺たちゃガラケ人間なのさ♪
尊敬
FM局、パーソナリティ-、音楽関係者の方々から頂いた最近のメールに、「尊敬しています。」のお言葉を重ねて頂き、とてつもなく恐縮している私です。

1局からスタートした「ひろこの音部屋」を13年かけて全国61局に広げてきたこと、今年14年目700回を迎えようとする今まで継続していること、テーマ選定、構成、原稿作成、録音、編集、配信と全て1人きりの作業であること、そうしたことを評価して言って下さっているのだと思います。

が、まだ何も成し遂げていない、ナニモノでも無いさくまひろこでありますので、尊敬なんて勿体無い程の言葉を頂くと、余りに申し訳ない気持ちになってしまうのです。

ねがいジャケット

いい番組を作りたい、素晴らしい作品を創りだすクリエイターの皆さんの生の声と共に時代を越える名曲を届けたい、勿論自分自身も、多くの皆さんに聴いて頂ける曲を贈り出したい、という思いだけは、いっちょまえに大きく(笑)

私にとって憧れのミュージシャンの方にお会いできるたび、そのクリエイティブパワーを全国のリスナーさんにお伝えしながら、自らも勉強させて頂き、また心の中でミーハーな叫びをあげるのであります
Breath From the Season 2018
2018.4.25 in stores 角松敏生さんのニューアルバム 

角松敏生さんニューアルバム

ご自身の作品に大編成の管楽器主体のアレンジを施されたセルフカバー。そして角松さんがようやくたどり着いた、ようやく第一歩を踏み出せた「JAZZ的であるもの」。

セルフカバーというと、ヒット作品であればあるほど過去の作品と比べてしまいがちですが、角松さんがおっしゃる「JAZZ的であるもの」は、そんな比較をも越えるスケールの大きさ。

ひろこの音部屋でよく時代をキーにゲストの皆さんとお話をしてきましたが、年代を越え、ジャンルを越え、同じときを熱狂したくなる音楽は、このようなスタイルでも存在するんですね素敵です♪
「X」
4/18に発売されたTSUKEMEN10周年記念アルバム「X」が届きました。

テン

大谷亮平さん主演、映画「ゼニガタ」の主題歌も収録されています。
とっても素敵なサウンド♪

このあとの「ひろこの音部屋」で半年ぶりTSUKEMENの皆さんのトークと共にご紹介させて頂きます。お楽しみに
アニキ
小学校の終わりが早いとき、幼稚園のお迎えにお兄ちゃんが一緒に行ってくれることがあります。帰ってきてから「〇〇君格好良くて優しそうだね。」と小3のお兄ちゃんの一言にびっくり。
ようちえん 
下の子が「〇〇君好きなの。」と言っていたことがあるので、どうやら名札を見て、どの子か確認していた様子。

お兄ちゃん、妹の好きな子をチェックするの巻( *´艸`)
ニューアルバム制作中
最初に設定した曲数から増えてしまって 曲数

作りためていた曲から、「やっぱりこれも入れたい。」「これも外したくない。」思いが大きくなってしまい、、、 でも限りはありますからね。

作詞作曲編曲ピアノアレンジまでやり、基本ピアノ弾き語りで歌入れをして、アレンジ&レコーディングエンジニアに渡します。アレンジの世界観は細かく色々と指示を出すので、アルバム制作に関して欲張り&かなり煩い(^.^;さくまひろこです。ごめんなさい。

レコーディングの日も決まりました。多くの皆さんに聴いて頂けたら嬉しいです
「こんな時に限って」
子供が小さいうちは、ママさんたちからよく聞えてくるつぶやきですね。

PTA総会の前夜、下の子の咳が突然酷くなり嘔吐するほど。本人も一晩中寝れない状態で迎えた朝。
下の子 咳は落ち着いたものの、「今日休みたい」と泣いている。。。

副会長の私は総会の司会に規約も読み上げなくてはならなくて、、 これを当日の朝誰かに替わって欲しいと言ったら、どれだけ周囲を困らせるだろうと葛藤が

「お母さん今日どうしても役員の仕事で幼稚園行かないといけないの。頑張れる?」

うなづいた彼女は頑張ってくれ、午前中はお遊戯も元気にやれるほどに。。。

が、総会後の役員食事会が始まろうとするそのとき、先生から電話。「ぐったりしていて熱があります、すぐ迎えに来て下さい。」

教室に急ぐと、給食も食べれずぐったり顔を机に伏せた姿が見えました。「ごめんね、よく頑張ったね。」という思い。

それでも翌日のPTA会費&保険の集金作業にも元気を見せて予定通り行かせてくれて、「こんな時に限って」ではなく、「こんな力振るって」「こんな勇気貰って」 、そんなふうにつぶやきたい、ひろこママでありました。
LINE
PTAの連絡がLINEであり、ガラケの私は帰宅して慌ててPCで対応を。。。 会合の食事会のメニューの件でした。返事を書いてないのは私だけ、皆さん遅くなってごめんなさい~と焦りまくり
「日替わり定職でお願いします。」 ライン

と書き込んだ直後、凍りついたのは言うまでもありません(^.^;
遊び心満載の1枚
槇原敬之さんご自身も、マネージャーさんも、バンドメンバーの皆さんも、
面白い写真にしようよ♪♪と、こんなショットを企てて下さいました。

立島さんより そんなお茶目な皆さんの優しさが嬉しくて
PTA総会
幼稚園のPTA総会資料作成、リハーサルが終わりました。本番を前に今度は小学校の授業参観とPTA総会、懇談会。

数日後の総会では私がこうやって司会するんだなあ、、、と他人事のように(笑)見つめていました。

家庭訪問にしても面接にしても、幼稚園と小学校の行事はいつも同時期。連日だったりハシゴだったり。バタバタと大変ではありますが、子供達と触れ合える貴重な一時期、いっぱい味わいたいと思います。

火垂るの墓
火垂るの墓
今まで何度か目にした映画ですが、泣き過ぎて息が苦しくなって最後まで見れず。。。 結局通しで見たことがありません。

節子はちょうど下の子と同い年。子供達と一緒に改めて見てみようと思います。